不妊の原因について(タイトル)

不妊の原因について

卵が卵巣の中で成熟し、排卵をして卵管内に取り込まれ、子宮の入り口から泳いできた精子と卵管の中で出会い、受精し、子宮に着床する。これらすべてが、正常に働かなければ妊娠にはたどり着きません。この経過のいずれかに問題があっても、不妊症となりえます。主な原因を下記に上げます。

排卵障害

主にホルモンの異常により卵が育たない、排卵しない。

卵管障害

卵と精子の通り道のトラブル(つまっている、細い)によるもので、過去の手術やクラミジア感染などの炎症によることが多い。

男性因子

精子のトラブル(精子数が少ない、精子の動きが悪い、精液量が少ない)。

着床障害

子宮筋腫や子宮内膜ポリープ、子宮奇形での子宮内腔の変形、子宮内膜が厚くならない。

子宮内膜症

子宮内膜症がひどくなると、お腹の中での癒着がおこり、卵管采からの卵のキャッチができなくなる。

免疫学的異常

精子が体内に入ってくると、精子を動かなくしてしまう精子に対する抗体=抗精子抗体をもっている方や、着床する卵に対してそれを排除しようとしてしまう抗体をもっている方がいます。

頚管粘液分泌不全

排卵が近づくと、子宮の入り口の頚管内に頚管粘液といわれる透明な液が分泌され、そこを精子が泳いで子宮内に入っていきます。その分泌が少ないと、精子の動きが妨げられ、妊娠しにくくなります。

原因不明(機能性不妊)

検査した限りでは明らかな原因はみつからないが、妊娠に至らない場合をいいます。

不育症・習慣流産の検査

不妊症とは少し意味合いが異なりますが、妊娠しても初期〜中期で流産を繰り返す(2〜3回以上)状態を、不育症・習慣流産といいます。子宮の形態異常・ホルモン異常・染色体異常・抗リン脂質抗体など原因は多岐にわたります。何らかの異常がないかの検査をし、必要に応じて治療が可能となります。

診療受付時間表タイトル「診療受付時間について」
受付時間
午前 9:00 - 12:30
午後 15:00 - 18:00

分娩・急患の際には一度ご連絡お願いいたします。
また、夜間ご来院の場合は夜間入り口をご利用ください。

当院は完全予約制 初診の方は、お電話にて予約を劣り下さい

ご予約・お問い合わせはこちらまで

027-253-4152