お産の費用について(タイトル),分娩は基本的に保険診療ではありません。ただし、保険診療になる場合もあります。(リード文)

入院科の概算

初産・経産 5日間(0日 - 5日間)
470,000円 ~

入院看護料、室料、分娩料、新生児管理料・産科医療保証制度(保険料)
小児科医新生児診療¥15,000、入院時母親検査(血液・尿)¥2,000を含む。

※入院中のお支払いはカードが使用できません。

※分娩は基本的に保険診療ではありません。ただし、分娩の状況によって保険診療になる場合もあります。

帝王切開分娩管理料30,000円
無痛分娩80,000円
バス・トイレ付個室(付添い者宿泊可能)入室の場合6,000円×日数
トイレ付個室(付添い者宿泊可能)入室の場合3,000円×日数
トイレ付個室(付き添い者宿泊不可)入室の場合1,000円×日数
時間外・休日の分娩の場合
  1. 1. 時間外 : 8:00~24:00
  2. 2. 深 夜 : 24:00~8:00
  3. 3. 休日
  1. 1. 10,000円
  2. 2. 20,000円
  3. 3. 10,000円
フットマッサージを希望した場合1,000円
エステを希望した場合2,000円
薬が処方された場合薬剤料
書類が必要な場合3,240~5,400円

分娩についての各種制度

出産手当金

仕事をしていて産休後も仕事に復帰するママがもらえる手当です。

出産一時金の医療機関直接支払制度について

当院では、平成21年10月1日から国の制度として始まった「出産育児一時金の医療機関直接支払制度」をご利用いただくことが出来ます。

  1. 1.当院が妊婦の方に代わって、1児あたり42万円の出産育児一時金を、妊婦の方がご加入されている医療保険者に請求いたします。(12週~21週の分娩は40万4千円)
  2. 2.退院時に入院費用の総額より42万円を差し引いた金額を御請求させていただきます。
  3. 3.この仕組みを利用なさらず、出産費用の全額について退院時に現金でお支払いいただくことも出来ます。この場合退院後の簡単な手続きで、後日保険者から出産一時金(42万円)が 支払われます。

書類は病院でご用意しております。お気軽にお問い合わせください。

制度につきましては厚生省のホームページをご覧ください。

高額医療限度額適用認定証(帝王切開の方)

帝王切開には健康保険が適用されるため、高額療養費の給付対象になります。
高額療養費とは、健康保険が適用される治療費(医療費総額)のうち患者さんが支払う分が、自己負担限度額を超えた場合に支給される医療費です。

入院期間が月をまたぐ、入院期間が短い、入院基本料の違いなどの条件により、
医療費が自己負担限度額を超えず、高額療養費の給付対象とならないことがあります。

制度につきましては各市役所、役場でご確認ください。

診療受付時間表タイトル「診療受付時間について」
受付時間
午前 9:00 - 12:30
午後 15:00 - 18:00

分娩・急患の際には一度ご連絡お願いいたします。
また、夜間ご来院の場合は夜間入り口をご利用ください。

当院は完全予約制 初診の方は、お電話にて予約を劣り下さい

ご予約・お問い合わせはこちらまで

027-253-4152